数年経過

レーシック手術の医療費控除

レーシック手術を受けると医療費控除を受けることが出来るんです。
これは確定申告の際、10万円以上の医療費をそのまま税金から差し引くことの出来る制度です。
もちろん税金がかかっていないとその分返金されないので注意が必要ですが、わたしたちにとっては非常にありがたいですね。

レーシック手術は最低でも20万円前後から費用がかかってくるので最低でも10万円は費用として返ってくる可能性があるんです。
そう考えると費用の面ではとても気が楽になりますね。

一般的に確定申告は個人ですることは少なく、務めている会社で行う方がほとんどです。
そのままでしたら医療費の控除が受けれないので注意が必要です。
その場合、源泉徴収票を会社から出してもらい確定申告を個人で行わなければ還付金は返ってきません。
そして、申告の際には医療費の明細が添付されている事が必要となりますので、しっかりと明細票は保管しておきましょう。

他に風邪や病気でかかった医療費もまとめて計上できますので一緒に申告するのが得策です。
また、計上は1月から12月までとなるので年を跨ぐ場合は自身の税額との相談をしながら治療を受けたほうが得ですね。
これらの事を知っておくだけでレーシック治療の高額な治療費を少しでも減らすことが出来、気持ちの面でも費用面でも楽になります、二の足を踏んでいた方は参考に治療を受けてみてはいかがでしょう。