数年経過

レーシックとカラーコンタクト

今の時代、カラーコンタクを着用する方は意外に多いです。
カラーコンタクトを入れる事によって黒目を大きくしたり、眼の色を変えたりとファッションとして流行しています。
ですが、レーシック手術後にお洒落としてカラーコンタクトを着用するのは大丈夫なんでしょうか?

実際、クリニックによるとレーシック手術後のカラーコンタクトの着用は推奨されていません。
それはカラーコンタクトを着用することで細菌からの感染の可能性があるからです。
感染症の可能性が上がるのと手術の際に角膜を削っているため、傷つけてしまう恐れがあるので推奨されていないんです。
これはカラーコンタクトに限らす、普通のコンタクトレンズもそうでレーシック手術後、視力の回復の効果が薄くともコンタクトを付けるのは危険でしょう。

どうしても使用したい場合はクリニックで医者と相談からにしたほうが良さそうです。
角膜を削ったりした後はしっかりとフィットしない場合もありますし、ズレて傷がつく可能性もあるので気をつけたいですね。
術後から最低でも一ヶ月はあけたほうが良いでしょう。
カラーコンタクトは現代の若い世代の方に人気のファッションですが、自分の身を守るためにも手術で疲弊している目を労り、折り合いを付けて生活していくのがいいでしょう。