数年経過

レーシックと後遺症

手術を受ける上でどの程度のデメリットが有るか、リスク管理をするのは大切です。
まして、最悪の結果を想定しておかないと一生付き合っていかなければいけない症状を持つ可能性もあるのです。
レーシック手術を受けた場合、その後遺症が出てしまったときは一体どうしたらいいのでしょうか?

まず、後遺症がどのようなものがあるかを知っておく必要がありますね。
ドライアイはその名の通り目が乾燥してしまう症状です。
ドライアイはレーシック手術後以外にも現代病として誰もがなってしまう可能性のある症状ですね。

目薬を指したりすることで症状を改善することが出来るので症状がひどい場合は病院で相談しましょう。
ハログレア現象は光が普段よりも輝いて見え、眩しい状態が目に負担をかける症状です。
特に夜間において光源がより光って見えるため運転などをしていると対抗ライトで視界が遮られる等危険です。

これらの後遺症が一般的で手術前に医師よりきちんとした説明が得られることでしょう。
クリニックによってこれらの後遺症に対する保証が充実している所もありますので事前にしっかりと確認しましょう。
高額な手術のため保証期間がしっかりと定められており、視力が元に戻った際には再手術を受けられる事もあるので保障の期間はしっかりと確認をしより安心なレーシックを受けたいですね。